過酷な環境で、年1000件以上の手術


1992年に私費8000万円を投じ、ニジェールのテッサワに病院を建設。

砂ぼこりが入り込むため、手術室のドアを4重にしたり、

スタッフ全員がマラリア感染した為、沼を埋め立てるなどの困難がありました。


年間1000件以上を手術を行っていますが、

貧しい患者のために高額な医療品は使えないので、

手術用の手袋は台所用のものを使い、手術糸は安くて太いミシン糸

日本から送られた販促用のタオルは、ガーゼ代わりに使っています。


2001年にJICAの援助が打ち切られた後は、

熊谷義也さんなどの医師仲間や、同級生の寄付金で、不足する運営費を補っています。 

2006年に政府が病院を取り上げた為、直後に再度私費で病院を建設しました。

ニジェールは世界最貧国のうえに、政府ですら信用出来ないのです。


日本の外務省が 「退避勧告」 している程の危険地帯であり、

イスラム過激派ボコ・ハラムは、「ISを上回る世界一の殺戮集団」と言われ、

誘拐した子供を操って、自爆テロを起こしています。

つまり、ニジェールは世界一貧しく、世界一危険な地域なのです!



2007年に 「シチズン・オブ・ザ・イヤー」 を受賞されていますが、

過酷な環境で奮闘する谷垣医師の活動は、もっと広く知られるべきだと思います。

����Ǜ>�mW���k��z_\5����`���z���|W!�'A��X�a �Q���tn�2ҽ����6����T����M�W�(���g@��50=\���8f$CK|f ^�� ���F�� aZ�C�؍0��AZ� ���Ȍ�F:�3K�n3$+�reU�=J��8;Z�0CU�(`$[��? �#����p�����������U� �@dBֻ`s��R��LB��©0���� ���J�������7���%�g�<�� �L䪪����aP7���'d��o���������F. L)r�M�r�j���/�Ut���G�k�?� �XEV�t�^"a���=���X>�])�7w���k��0@K^�.9���"��)���9�kR��MRK��� �����* x�������!O��4ᯇ�u�~9����b��}WU���j�(�<n������} ��9�@Z���ׁ�3�(������E��w�O�������Q��UA�r��`K��b��%G�?j�UH���P�ׅ`���^�D�H����W��h�)�'�����;���F��cn� <ċG�������s��|}�U@���e��~@XP�������� .�z��ͻ�@/��_ }W��7���3dN�C�$T�X5�P2� �6�`��)`%x�c��ׁ� �T]t���T4,�k�� �^��Bk�w�-��H< C���b�y���� �^bp��<.+`� �?1z���0� �Ø�w� t�(Va�=.���k�\ >�� �{�r}����sV�������� ���>?�A|с`PvF��j��q���=�"7���/�|�[�\��/���<�/��ZK������h\^���!�x޸"���o�O��c/��o��1����~�P�X�˄#7��T�%)������C��`0�%WJ��fJ�+�����J�ku���o{���3w�t����f;

www.citizen.co.jp

ニジェールで亡くなった谷垣雄三医師を讃えます

2017年3月9日、ニジェール・テッサワにて 「谷垣雄三医師」が天寿を全うされました。 ご冥福をお祈り致します。   アフリカの最貧国:ニジェールで38年にわたって奮闘された事は、人々の記憶に残り続けるでしょう。 私は今後も海外の医療に対しての寄付を続けるつもりです。